30歳からのブログ。

30代の雑記ブログ

公募にはメリットしか感じないから趣味にしようと思う

先日、芸能人が匿名で公募に挑戦するっていう番組を見ました。

 

名乗るほどではございません!~芸能人が匿名で投稿してみたら通っちゃったSP~[字]|番組表|日本テレビ

 

芸能界の実力者がネームバリューに頼らずにセンスのみで公募に挑戦…

なるほど!企画としては面白い!!

 

しかし、芸能人だからと言って一筋縄ではいかないようです。

が、実際に佳作に選ばれたり、アイデアが採用されたりしているわけです!

 

これを見て公募に興味を持ち始めました。

 

メリットしか感じない

子供の頃は懸賞が好きでよく応募していました。

実は懸賞って意外によく当たるんですよ!海外旅行…とまでは行きませんが、マンガキャラクターのオリジナルグッズとか、(7千円相当の)ジーパンが当たったこともあります。当たったら楽しいし悪くない趣味なんですが、応募券が欲しいが為に商品を探しに行ったり、無駄に買ってしまったりと「これ、企業戦略にまんまと乗せられてるな」と感じてしまうことも多かったのです。

 

しかし公募は違います。

公募を考えることによって発想力が身につき、しかもお金や景品まで貰えちゃう…

僕は常々「何か頭がよくなる方法はないかな〜?」なんてアホ面かまして考えておりましたが、これやん?これしかないやん?って思いました。

いいですか?1日に数分、いや、1週間に数分〜数時間のボケーっとしている時間を公募を考える時間に変換するだけでお金が貰えるんですよ!頭の体操になるんです。あの芸能人のようにセンスの塊みたいな人間になるかも知れない。公募を極めることによってイラストレーターになれるかも知れないし小説家にだってなれるかも知れない…

 

可能性しか感じませんやん?

 

というわけで買いました。

 

f:id:giriholiday30:20180106173619j:plain

 

これからは公募を趣味のひとつにしようと思います。

 

 

何から応募しよう?

絵も描けないし小説も書いたことないので、いきなり文芸やアート系には手を出せないですよね。写真も好きじゃないし、やっぱりネーミングや標語中心になってくると思います。川柳や俳句も奥が深そうですが、「伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」とか面白そうですね!

 

www.itoen.co.jp

 

お〜いお茶のペットボトルに掲載されているあれです。読んでみるとよく練られていて面白いですよね。そして「あなたが選ぶオタク川柳大賞」も面白そうです。

 

www.575.moe

 

忘れていましたが過去に二回ほど応募していました。覚えていないということは何の賞にも引っかからなかったんですね。。

いずれも競争率は激しそうですが、初心者でも入りやすい公募だと思います。やれそうなところから応募して行こうと思います!オタク川柳については先ほど紹介した公募ガイドとのコラボ賞もあるようなので、気になる方は挑戦してみて下さい。

 

おわりに

まあそう簡単に入選はしないでしょうね。でも深く考えた分発想力が身につくと思うので、きっと無駄にはならないと思います。

メルカリも売るモノが無くなってきましたし、今月は公募に集中してみたいと思います。また「入選した!」とかの進展があればブログで報告します〜。