30歳からのブログ。

無口な人見知りが30代を豊かにするブログ。できることから挑戦します。夢は世界一周、現在オーストラリアにワーホリ(ギリホリ)中です!

語学学校15日目。(&初めてのインスペ!)

部屋探し難航中のKakeruです。

この日はとても疲れました。

 

無駄に疲れたサファリパーク

今回のアクティビティは動物園!学割で26ドルほどかかります。「う〜ん、今回は高いし辞めておこうかなー」と思っていたら台湾人のクラスメイトに「高くないよ!一緒に行こう!」と言われて流されるままに参加することになりました。

 

動物園は広い敷地のサファリパークにバスで移動するというスタイルです。サファリパークは初めてなので少し期待はしましたが、動物は近くにいない、いてもほとんど寝てるか動かない、おまけにこの日は雨で全く楽しめませんでした。最後の最後にラクダが横切ったくらいですw

うさぎは可愛く走っていましたが、遠い上に小さいのでよく見えないし、カンガルーも遠くにしかいないし、コアラは1匹だけいましたが寝ていてどの角度からも顔が見えないという状況。動物への餌やり体験とかも無いし、正直、京都市動物園の方が100倍楽しかったです!コアラを見たいならイングランドの丘へ行けばいいし、わざわざオーストラリアで行くべきところではありませんでした。おまけに今回は参加人数も少なく日本人が多かったし、動物園の場所が遠くてバスの待ち時間もありとても疲れました。

 

フリーダムなインスペクション!

inspection-インスペクションとは部屋を見に行くことです。この日は3時にシェアハウスを見に行く約束をしていました。しかし動物園の場所が予想以上に遠く、昼飯も食べずに急いで目的のシェアハウスへ。夕方4時前に到着しました。(遅れることは直前に知らせています)

その後、「家の近くに来ました」とメールをするも返信なし。近くにいた人にも聞いておそらくここだと思われる家の前に来ましたが、返信がないし出てきてもらえないので成す術がありません!インターフォンもないし、勝手に入っていいかもわからない。思い切って入ってみようと門を開けようとするも開け方がわからない!そんなこんなで土砂降りの中、20分以上はただ返信を待つのみの時間が流れました。

「ごめんなさい、今メール見ました。門は開いてるから入っていいよ」という内容の返信がようやく来ました!しかし門の開け方がわからない。「門の開け方がわかりません。」と返信するもまたも連絡が途絶える…。そんなこんなでまたまた20分くらい経過してようやく家から人が出てきました!メールの相手はElleさん。勝手に女性かと思っていましたが白人の背の高い男性。「門は押せば開くよ。入ってきな」といった感じで言われ、門は強めに押せば開きました…。「英語話せないのか?」「勝手に入って見ておいで」と言ったのか言わなかったのか、そんな雰囲気で初めてのインスペクション開始です。(Elleさんはタバコを吸い始める…)

以前、友達のインスペに付いて行った時は丁寧に説明してくれたのに、何も説明してくれません。とりあえず中は狭くて汚い。トイレも汚かったです。寝室は二段ベットが4つで計8人が暮らせる感じでした。そこに寝ながらパソコンを見てる人が数名。「この上のベットが空いてる」というようなことは言われました。Elleさんもベットに戻り、パソコンを見はじめました。もう本当に、旅の途中の仮住まいのような、ユースホステルの家版みたいな感じ。ちゃんとした管理者が常駐している分ユースの方がマシに思えます。そりゃ、こんな感じじゃあすぐに外に出てきてくれないよな〜

キッチンにはジャマイカ風の男性が現れて何かを言っています。とりあえず「洗濯機はこれか?」と言ってみると「今は壊れている」的なことを言われ、よく見ると水が溢れていました…。

もう無理だ!

「いろんな国の人と一つ屋根の下、たまにみんなでご飯を作ってパーティしたり、皆で旅行に出かけたり…」という俺の理想とはほど遠い家だったのでお礼だけ言ってすぐに帰りました!シティへも電車ですぐ行けるし、駅からも遠くないしでかい公園が目の前にあるし、それだけ見て「ここに決めよう!」と思ったほどでしたが無理でした。やはり安いのには訳があります。少し赤字になってももっと高い家賃のところに住もうと決心致しました。

 

今夜は豪華なディナー

ヘトヘトになって帰宅。今夜は家族全員が集まるということでディナーに期待です!昼飯を食べていない分お腹が空いています。次女の帰りを待っていたようですが、なかなか帰ってこないので先にご飯を食べることに。9時前にようやく飯にありつけました!

この日はフライデーナイト。よくわかりませんがキリスト教関連でキャンドルを焚いて、家族集まってディナーを食べる日なのでしょうか。ワインも出されましたがすごく飲みやすくおいしかったです!もっと飲みたかった…。メルボルンはワイナリーも有名なので行ってみたくなりました!甘いパンも美味しい!ハーブチキンも!がっつり食べてお腹いっぱい!家族の会話は分からず、僕ともう一人の日本人留学生は黙々と…。

シャワーを浴びるタイミングを逃してそのまま寝ました。

 

というわけで無駄に疲れた1日。

部屋を見つけられる気がしなくなってきました。。