読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からのブログ。

無口な人見知りが30代を豊かにするブログ。できることから挑戦します。夢は世界一周、現在オーストラリアにワーホリ(ギリホリ)中です!

ハンター感想「No.360◆寄生」

新しいノートパソコン買いました!…が、まだ慣れていないのでスマホからの投稿(^^;)



※以下はネタバレが含まれています。






序列の激しい王妃の裏に、警護人の事情も複雑そうです。まあ王妃最下位のオイトは一番監視されている分、下手に動けないってことでしょうか。いちいち慌てふためくオイト王妃は人間らしくていいですね!(セレモニーパーティー中は忌憚に振る舞っていたようですが…)

寄生型。
ここに来て、また新たな念能力の特性が明らかになりました!寄生型の念能力…
突如現れた念獣はまだ子供であるマラヤーム王子の念獣。しかも本人に自覚症状なし。
念獣によっては子供でも王位継承戦に勝利する可能性もあるのか?前々回、ワブル王子から感じたオーラも寄生型の念によるものだったようですね。
ツェリードニヒ達は恐らく念が見えると思うので、この寄生型の念能力をどう利用するかも気になります。
それにしても警護人のビル、ただの脇役キャラだと思っていたけど、凄いプロ意識の持ち主でしたね。継承戦からオイトとワブル王子を脱する3つの方法とは?ってところで事件発生!サイールドっていう警護人がおヒマ?ネズミ先輩に操作されてしまいました。おヒマ?ネズミはターゲットになった人間にしか見えないのかな?凝で確認することは可能なのか?
操られたサイールドをクラピカが止める!ってところでまた冨樫先生の"長期休載"が発動してしまいました(゚Д゚)


■おまけ
ハンターが休載に入ったから、ハンタ感想も一旦終了です。読んでくれてた人いるのかな?(^^;)
後半はスマホでの簡易投稿になり申し訳ありません!新しいノートパソコンも買ったので、今後は8月から始まるワーホリ生活を中心に更新していきます!