読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からのブログ。

無口な人見知りが30代を豊かにするブログ。できることから挑戦します。夢は世界一周、現在オーストラリアにワーホリ(ギリホリ)中です!

ハンター感想「No.350◆王子」

前回の記事、ハズれてしまったハンター予想!に全く反響がなかったので心配ではありますが、今日から毎週HUNTER×HUNTERの感想を書きます!

 

今朝は早く家を出て、ハンタの為だけに少年ジャンプを買い、朝マックしながらハンタを読む30過ぎの男…中学生の頃から好きなんでしょうがないです。少年ジャンプはいつでも少年にしてくれますなw

再び休載するまでこの習慣は続きそうです。

 

それではハンター感想日記、スタート!

※以下はネタバレが含まれるので閲覧の際は注意して下さい!また、バカが書いた感想であり難しい考察とかは出来ませんのでご了承下さい。

 

 

ハンゾー、クラピカの師匠登場!!

やべぇ、1ページ目から面白い!胸熱!!

懐かしのキャラが再登場。ハンゾーはハンター試験終了後、ゴンのお見舞いには来ていたけどほとんど台詞がなかったので、この展開は嬉しい!幻の巻物「隠者の書」はもう見つけたのか?いつかハンゾー編もやって欲しいw

バショウさんもいる。俳句を詠む念能力…あんまり強そうじゃないけどまだノストラード組にいたんですね。バイクの旅へは行ったのでしょうか?

主要キャラでも平気で殺しちゃう冨樫先生だからこの中ではバショウやハンゾーが殺されてしまう可能性もありそうだけど、せめてハンゾーの活躍は見てみたいです。

 

そしてクラピカの師匠登場!イズナビって名前なんですね。

ネットで調べるとミズケンっていう名前があるらしいけど、作者が忘れてただけ?ドラゴンボールで言うところのシュウorソバ的な(ピラフ一味のキツネ)。

まあハンター世界では皆ファミリーネームがあるようなので"イズナビ=ミズケン"もしくは"ミズケン=イズナビ"がフルネームかも知れませんね。あと、B'zの稲葉さんがモデルだったなんて知らなかったです。(そんな情報あったっけ?)

 

そしてそして、なんでビスケいるの!?って思ったけど、「キルア経由で依頼」とあり納得。本当はキルアに依頼したかったけど、断られて変わりに紹介されたってところでしょうか。プロハンターが欲しいので周りにいるハンターで同じ組のセンリツやバショウに加え、一応は師匠であるイズナビに依頼。同期のハンゾーにも声をかけたのが嬉しいですね!…ほ、本当はここにポックルが…(TдT) ウゥ…

センリツはおそらくクラピカが最も信頼している仲間。センリツの闇のソナタ編もやって欲しい…。

 

ビスケを口説くクラピカ

仲間を取り戻す為には手段を選ばない。キルアの助言でビスケのハートを掴み手玉に取る…個人的にクラピカは女性として読んでいましたが、初めて男らしく思えました。

ただ「普通の理解力があれば確認は不要だと思うが?」なんて台詞、いちいち言われたらビスケじゃなくても腹が立ちますね。

あと、ハンターキャラはやたらお金にうるさいですが、そんなにお金が必要なのでしょうか?ビスケなんてベテランのプロハンターだからお金に困っているわけではないはずなのに…プロハンターの金銭感覚はわからん。

 

いきなり難解なストーリー!

 連載再開初っ端から難しい!文字が多いのは嬉しいですが、よーわからん!

もう4,5回読み直しているのに理解できないです(アホですいません)。

ただ、ハンケンブルグ王子を装いクラピカを誘い出した第14王子の母オイトが賢い人間であることはわかりました。でも、そこは常に斜め上を行く冨樫先生…本当にオイトの言うことを信じて良いのか、ツェリードニヒと繋がっていないか、子供を抱かせたことが何かの発動条件ではないのか…とアホなりに疑ってしまうわけです。

赤子を抱いたときのクラピカの表情、何を思うのか?

ネット上ではオイトは流星街出身で、旅団との関わりがあるというような予想がありましたが、このややこしい暗黒大陸編で旅団が絡むことはあるのでしょうか。

十二支んとビヨンド、ジンとパリストン一味、クラピカとツェリードニヒ、次期王の継承戦…そして念が使えなくなったゴンは?今度の展開が楽しみですね!

 

あと、2択のうちの一つ、ルックス重視と思われる面接に何故ビスケではなくイズナビを残したのか?…まあ知り合ったばかりで猫かぶりのビスケより、イズナビの方が信用できますよね。なんやかんやで師匠を信頼してるんですね。なんか可愛いですね、クラピカ。

 

おまけ

今後の展開、全く予想できませんがツェリードニヒには殺されて欲しいです。

善と悪に簡単に分けられないハンターキャラにおいて、敢えて"悪者"を選ぶなら…ヒソカ、クロロ、イルミ、パリストンあたりになると思います。パリストンも相当イカれてますが、その中でもツェリードニヒは許せない。奴だけは生かしておけん。あの異常者は殺されるべきだヽ(`Д´)ノ

 

冨樫先生の巻末コメント、「便座や椅子に座れる幸せ。体も偉いもんで寝たきりの時はウ○コも出ない。」…やはり腰痛(病気?)で入院していたのでしょうか?座りっぱなしの漫画家は辛いお仕事かもしれませんが、無理せずに続けて欲しいです(;´Д`)